So-net無料ブログ作成

花の妖精が舞うミヤマキリシマツーリンング [ツーリング]




雨上がりの朝



z1.JPG


わたしの頭上を覆いかぶさるように漂う霧の下を

いつものコンビニへ


1.JPG


今日はタイヤを交換したばかりの

Blue・bee号さんと黄色いグロムのもちっこさんの2台で

ツーリングだよ。


z2.JPG


平日なので一応走る告知はしたけど

予想通り走りたがり屋のもちっこさん以外は

だ~れも反応なしでした。




今日はまだ行った事のない山にミヤマキリシマを

見に行くのがメインのツーリングなので

花運が良いもちっこさんにめっちゃ期待しよう。

(この為事前に捕獲完了していました)

z3.JPG


玖珠方面へ行くのでいつものアグリライン(旧HFR)を

快走・・・



麦秋がめっちゃ良い感じ。


z4.JPG


気持ちがいいのでいつもと変わらないペースで走ってたけど

タイヤの慣ら中って忘れとった。



新しいタイヤはセミブロックタイヤなんだけど

ロードタイヤのように普通にバンクさせて曲がれるし

ロードノイズもないし今まで通りなんの違和感も感じないまま走れます。


唯一凍結防止のためのアスファルトの切り込みには

かなり溝にそって走りたがるようです。

(溝に逆らうとフニャフニャした挙動にwww)


z5.JPG


耶馬溪まで走ったところでトイレ休憩をして

すぐにスタート。


z6.JPG


車も少なくてめっちゃ走りやすくて

平日のメリットを堪能しまくります。


z7.JPG


一目八景から峠を越えて

「道の駅 童話の里くす」でトイレ休憩。

2.JPG

なんか今日のもちっこさんは

トイレが近いのよ(笑)



これから山に入るので

わたしもトイレを済ませて本日最初の集合。

3.JPG


では鬼は出ないと思うけど

酷道かもしれない山道に挑んでくるぜ。



z8.JPG

メサ台地に囲まれた農道を走り

そのメサ台地の一つでもある万年山(はねやま)が

今日の最初の目的地でございます。

25.JPG


林道を上るとさっきまでいた玖珠の街が

あんなに下に見えます。


z9.JPG

山に向かう道はこんな感じで

真ん中にうっすらと苔は残ってるけど

荒れてるわけでもなく普通に行けちゃった。


4.JPG


登山口の駐車場は山開きが今週末と言うこともあって

半分くらい車が停まっていました。



空いたスペースにちびっ子バイクを2台停めて

ここから徒歩で万年山へ挑みます。

(本当はもっと上までバイクで行けると思ってたけどゲートが閉まってたのよ)


5.JPG


登山か?とすこし不安になったけど

こんな風景の中を歩くのでまったく苦になんないかも。


6.JPG


リュックを背負った登山客に交じって

軽装の花の妖精2人も歩き始めますが

途中にこんな岩があったよ。


7.JPG

「まんじゅう石」



登山客は何度も来てるためか

みんなスルーしていくけど

こんな物件大好きな2人はきちんと寄り道いたします。


8.JPG


たしかに二つ割った岩を合わせたみたいな形で

どら焼きだ。

(ケーキ屋で買うシュークリームとかマカロンにも見える)


9-2.jpeg


食えないスイーツの上でいかにも山頂に立った気分になったら

先に進みます。


10.JPG


まんじゅう石の先の道もこんな

さわやかロードが続きます。


11.JPG


景色が良すぎてまったく疲れない。

(まったくと言うのはちょっと言い過ぎか)


前を見ても緑の草原と青い空だし

振り返っても絶景。

12-2.jpg


牛も馬もいないけど

天空の牧場だ。


13.JPG


牧草地じゃないところも

草原になっていてさらに先に行くと

もっと広い草原が見えてきました。


14-2.jpg

なんじゃこりゃ!?


天国に続く道か?




なんだか無性にテンションが高くなっちゃいます。


15.JPG


やっぱり景色がこれだけいいと視覚から

パワーをたくさん得ることができるみたいです。


16.JPG



歩く距離も長くても長いぶんだけ

この絶景の中に居れると思うと楽しくってしょうがない。

(そんなに坂道ってわけじゃないからな)


17-2.jpg


鶯やカッコウの鳴き声を聞きながら大草原の中を歩いていくと

目的のミヤマキリシマの群生地がありました。


18.JPG


う~ん、咲いてるけど

若干終わりに近い感じ?


19.JPG


山だけどそんなに標高が高い山じゃないので

一番の見ごろから5日ほど遅かったっような咲き方です。


20.JPG


それでもまだ綺麗に咲いてる株もあって

青空との美しいコントラストを見せてくれます。


21-2.jpg


登ってる万年山の山頂はまだ先ですが

山頂にはミヤマキリシマが無いと登山客の方から聞いたので

もう一つの群生地に行こうと思ったら

徒歩で3kmだって。



3キロかぁ・・・



咲いてるのが丘の上から見えたし

咲いてる状況が今見たところをあんまし変わんないと思うので

今日はこっちの群生地だけでヨカ。


22.JPG

「ほら、そこも咲いてるし」

「って、歩いてる風に撮るって言ってるのに全然歩いてね~し」

(もちっこさんは演技が超下手なのです)←足と手が一緒に出ます


23.JPG

野生の花なので

咲いてる株と終わってる株の差が激しい。



けど咲いてる場所が

素晴らしいので大満足な妖精さんたちなのでありました。

24.JPG


ブンブンと舞うクマバチさんに別れを告げて

下山します。



下りは早いイメージだったけど

景色が良い中を上って来たせいか

下りの方が長く感じたよ。



登山口の駐車場に着くとなんと車が満車じゃないですかっ!


平日だよね?



早々に準備をして

林道を下りますが対向車がいっぱいくると面倒なので

隣の伐採山の方へ抜ける林道でエスケープして下山。




無事に山を下ったらまだ時間が早いけど

ランチタイムにするよ。


z10.JPG


万年山に行ったのでランチは前にkiyomakoに連れていってもらった

はねやまドライブインに行こうかとも思ったけど

やっぱりココ ↓


26.JPG

今日のランチはココとするっ!

(お食事処 金太郎ね)




チキン南蛮をふた~つ!


z11.jpeg


御馳走様!



食べ終わるとkiyomakoさんが

出てきてくれたのでヤエーステッカーをもらったよ。

(もらったと言うか「頂戴」と催促しましたケロ)

55.JPG


わたしはおんせん県バージョンとマイナリストステッカー風の

トリコカラーをいただきました。

「ありがとう」



玖珠の街から出るところにある古い洋館。

27.JPG


インカムで聞くウィークマンのセットの為

たまたま停まったのだけどこの洋館は1934年に建てられた

旧税務署の建物です。



裏道からR210へ

z12.JPG


天ケ瀬温泉から鋭角に曲るk12に入りま~す。


z14.JPG


曲がったらいきなり激坂です。


Blue・bee号さんのもっとも苦手とする道でございます。



基本オートクルーズ機能を使っていますが

ぜんぜんスピードが出ねぇよ。

(※ 常にアクセルを全開にしたままって事ね)

z15.JPG


途中で横切るファームロードはよく使うけど

あまり通らない道なので新鮮な気分で走れて楽しい。



でも次の目的地はこのk12から反れて

細い道に入るので今日はスマホをナビ替わりにするため

スマホケースを装着して来ました。

z13.JPG


ちびっ子バイクで出かけるときは

地図もナビもいらない自由な遊びをするのだけど

遠征ツーリングで知らない街中のホテルなどに行くときに

使用する目的で購入したまま

まだ一回も使って無かったし今日はもちっこさんもいるので

極力Uターンをしないで良いように装着してみました。




ナビにしたがって曲がると林道の始まり。


z16.JPG


さらに「ここ入るのか?」って道に入ります。


28.JPG


今から行くところはファームロードからは

行った事があるのだけど下から行くのは初めて。


29-2.jpg


里山を眼下に見ながら杉木立の林道を抜けると

徐々に視界が開けてきます。


z17.JPG


もうここまでは来たことがあるのでナビが目的地を告げる前に

「目的地に到着です」と自分で言う。


z18.JPG

ちびっ子バイクなのでガタガタ道も関係なく進んで

「曽田池」

30-2.jpg


まだ青いCB1300SBに乗ってる時に来たけど

その時は草がボウボウでこんなに池まで近づけませんでした。


31.JPG


絶景です。

(鼻血出そう)



眼をつむってここで目を開いたら

「ゴルフ場?」って思うかもしんないな。



池の水は透明度こそ普通だけど

小さな魚がいっぱい泳いでいます。


32.JPG



堰堤で座って集合を撮りたいね~って話してると

座れる場所が一か所だけありました。



しかし・・・狭い・・・



同時に座ると尻相撲みたいになって

どっちかが水に落ちるというコントになりそうだったので

先にもちっこさんに座ってもらって集合。


33.JPG


なんだか青春チックな集合になったぞ。



こんな場所なら珈琲を作って飲みたいよね。


30-3.jpeg


すこし場所を移動。




上から見下ろしても絶景でした。


34-2.jpg

わたしの九州LoveゲージがMaxに。



曽田池からは来た道を戻らずに

そのまま上のファームロードに上がって

前にファームロードの橋から見た馬のいる牧場へ降りて見ました。

z19.JPG


上から見たときは良い景色だったけど

実際に走ると普通の農道(笑)


z20.JPG


でもちゃんと馬は見つけたよ。


z21.JPG


可愛いね~。


z22.JPG


サラブレット並みに毛艶がテカテカしてて

触ってみたいよ。




農道の先は細い道で杖立温泉の方へ行くだけみたい

なのでファームロードに戻ります。


z23.JPG


ここからもちっこさんの行きたい場所リストに入ってた

別府の鶴見岳に一気に移動するよ。



裏道は使わず当たり前にR210からk11に湯布院を通過。

35-2.jpg

由布岳の裾野の草原の

緑が綺麗過ぎて泣けてくる。


九州のバイク乗りでよかった。




雄大な由布岳の山頂付近をよく見てみると

ミヤマキリシマのピンクが見えます。

36.JPG


これは隣の鶴見岳のミヤマキリシマも期待しちゃうよ。



そう、最後の目的地は鶴見岳のミヤマキリシマ。



春からずっと花を追うツーリングをしていましたが

季節が夏になったのでもうそのテーマに沿って走って無かったのだけど

今日は本当に女子力を上げるためピンクの花を追います。


z24-2.JPG


由布岳の下の絶景ロードを駆け抜けて

鶴見岳ロープウエイ乗り場へ



霧氷や紅葉の季節など何度も来てる場所ですが

午後から山に上がるのは初めてかも。

(たしか15:00くらいだったと思う)


z25.JPG


午前中より少ないけど

貸切じゃない程度にお客さんが乗っています。


37.JPG



日が長くなったので

まだまだ遊べるのがうれしい。



38.JPG


8人くらいしか乗って無いので

座る席は特等おこちゃまシート。


39.JPG


この椅子が一番眺めが良いんだよ。

(わたしは支柱を越えるときにお尻がムズムズするのですこし後ろに座ります)



山頂駅について外に出ると

花運の良いもちっこさんのおかげで

ミヤマキリシマが良い感じで咲いてる。

40-2.jpeg


終わりかけの株と咲き始めの株のバランスを見ると

一番良いタイミングで来れたかも。


41.JPG


斜面側の群生地は

ゴツゴツした岩とミヤマキリシマの組み合わせが良い。


42.JPG



気分爽快!



特に息を切らさず高い場所に来れるって最高。


43.JPG

でも、マイナリストですから

ちゃんと歩きますよ。

(ロープウェイ代の元を取るとも言う)


44.JPG


鶴見岳の山頂を目指して階段を上がります。



空気が薄いのでキツイです。

(濃くてもキツイって言うはず)



頑張って階段を上るともちっこさんの言うとおりに

また群生地がありました。


46.JPG


イヤ~~ン!


由布岳バックに素敵すぎますわ。

47-2.jpg


震える~~~~~~。



しばし花の妖精になって

花畑の中をかけめくります。

50.JPG


さんざん花を愛でたら

せっかくなのですぐ上の山頂へ


45.JPG



はい!

1375mの頂は我らの物に。

51-2.jpg


では、高速でピュ~~っと帰れない可愛いバイクで来てるので

暗くなる前に帰るよ~~。


z26-2.jpg



良いタイミングで下りのロープウェイに乗り込んで

再び由布院を抜けます。


z27-2.jpeg


いつものk50を爆走して

安心院の裏道。


z28-2.jpeg


旧HFRをフルステージ走り抜けて

まだ明るい時間に香春のRまで戻って来れました。


52.JPG


ノンストップで走り通しだったので

ここのコンビニでコンビニスイーツを食べてると日没になって

家の近くまで走ったところでマジックアワータイムを迎えました。

(曇ってますケロ)

54-2.jpg


いつもの川の土手で解散。


z29-2.jpg


今日は酷道少なかったのが心残りですが

いっぱい綺麗なところに行けてよかっぱヨカッパ。


バイバスの分岐の場所まで先導して

花の妖精はそれぞのFairy houseへ帰って行くのでありました。



ガレージに入れる前に綺麗に拭いてあげて

今日のツーリングはおしまい。


次回は梅雨入り直前(1日前)の

賑やかなツーリングをお送りいたします。



◆◇◆ Minorist Hibiki & Mochicco ◆◇◆



花の妖精さん[もちっこさんのレポ



nice!(165)  コメント(46) 
共通テーマ:バイク

nice! 165

コメント 46

さる1号

草原とミヤマキリシマ、いい景色ですねぇ
レジャーシートを敷いてお弁当を食べたくなります^^
by さる1号 (2018-06-01 06:55) 

sirouto

綺麗。どこもかしこも綺麗。
by sirouto (2018-06-01 10:16) 

くまら

イヤー毎度風光明媚な所へ行かれてますね
ツツジはちょっと残念でしたが
次回は紫陽花の名所かな??
by くまら (2018-06-01 13:34) 

わたべ

花も綺麗ですが、草原の開放感がいいですね。
うちの近くにはこんなところ無いですから。
イヤ、知らないだけかもですが。
by わたべ (2018-06-01 18:42) 

おやまのtanchan

妖精たちに癒されました。
写真新しいカメラですよね?
by おやまのtanchan (2018-06-01 19:38) 

hanamura

花の妖精と言えば、宇都宮のゆるキャラさん!「ミヤリー」!!!
ミヤマキリシマ(ツツジ)と似ているけど、サツキなのよ~!
by hanamura (2018-06-02 09:07) 

ゆきち

草原の中の天国へ続く道、さいこ~にキレイ(*^▽^*)
由布岳とミヤマキリシマのコラボも美しすぎて怖いぐらい^^;
by ゆきち (2018-06-02 10:03) 

kazumin

鶴見岳の山頂付近のミヤマキリシマは綺麗~♪
素晴らしい写真にうっとりです(~_~)
九州は素敵な所が多いですね♪
なかなか行けない所なので眺めるだけでも気分爽快です!
by kazumin (2018-06-02 16:59) 

an-kazu

画面でも凄い景色、現地はもっと凄いことでしょう\(^_^)/


by an-kazu (2018-06-02 17:26) 

テリー

ミヤマキリシマに青空、そして、雲、すばらしいですね。

もちっこさんが、参加してくれてよかったですね。このすばらしい風景に、響さん一人だと、いかにも、寂しい。

曽田池も、素晴らしいですね。

by テリー (2018-06-02 18:58) 

旅爺さん

今日はトイレが近いもちっこさんの衣装がとてもよく似合ってます。
桃太郎が出てきた時は岡山県か?と思っちゃいました。
by 旅爺さん (2018-06-02 19:05) 

raomelon

由布岳バックのミヤマキリシマ
最高に綺麗ですね^^
天空の花園で遊ぶ、妖精さんも可愛い~♪
by raomelon (2018-06-02 20:15) 

kuwachan

満開のヤマキリシマが素晴らしいです。
由布岳バック、贅沢なショットになりましたね!
眼下を見下ろすショットもnice!です。

by kuwachan (2018-06-02 20:18) 

johncomeback

湯布院には2度行きましたが、鶴見岳にロープーウェイで
上れるのは知りませんでした。サンデー毎日になったら
行こうと思いました。
by johncomeback (2018-06-02 20:33) 

green_blue_sky

草原があるとよいですね。
建物がない風景、ずいぶんとみていないです(^_^;)
by green_blue_sky (2018-06-02 20:51) 

tai-yama

1.9km歩いて、さらに3.0km歩くのはきつそうですね。
ロープウェイの支柱を超える瞬間を味わいたいなら
新穂高ロープウェイがお勧めかも。
by tai-yama (2018-06-02 21:15) 

yakko

こんばんは。
お天気も良く、ミヤマキリシマも美しく 快適だったでしょう !
綺麗な馬〜! 初めて見ました。新緑も美しく楽しめましたね(^ ^)
by yakko (2018-06-02 21:48) 

ニッキー

万年山も鶴見岳も九州は絶景ばかりですねぇ*\(^o^)/*
由布岳を背景のミヤマキリシマツツジ、美しい=(^.^)=
by ニッキー (2018-06-02 22:07) 

kiki

『道の駅 童話の里くす』にはみなさん馴染んでいますね〜
九州は奥が深いです。
この辺り、湯布院には何度も行ったことがあります。
由布岳も登ったはずですが、もう忘れてしまってます(笑)
年だね〜(笑)
by kiki (2018-06-02 23:03) 

きん

まんじゅう石、名前がステキ(#^.^#)

行ってみたい(^^♪
by きん (2018-06-03 05:38) 

yoko-minato

こんな絶景の見られる場所をツーリングか~!!
羨ましいですね。
本当にバイクに乗れるっていいです。
もう無理で素敵ですね~。けどね。
by yoko-minato (2018-06-03 06:00) 

チャー

タイトルの 妖精が舞う かなりの期待度!
裏切りませんでしたね〜♪ とにかく素晴らしいロケーションばかりです 空の青さと、輝く緑 色鮮やかな花畑 もう 手も足も 伸び伸びしたくなる気持ちぎ伝わってきました
\(^o^)/
by チャー (2018-06-03 06:47) 

センニン

おはようございます。
良いお天気と雄大な景色、気持ちもきれいになります。
千葉には高い山がないのです。
by センニン (2018-06-03 08:21) 

FF

うわぁ~万年山ってこんなすっごいところだったんですね~。
これはいかねば!!って感じです。
切株山はよくレポにあるんで(ここもまだ行ってない)見るんですけど、万年山は(多分、歩かないといけないから?)こんな詳細レポ初めてです。阿蘇の草原とはまた違った良さがありますね~。場所言われなかったら信州かどっかだとおもいますよ~。
曽田の池はちゃつさんののレポでこれもまた最近知って感激しました。
今年中に行くリストが増えすぎてうれしい悲鳴です!!

by FF (2018-06-03 08:35) 

まつき

鼻血は出ませんが、見事な絶景っぷりにため息が出ます。
大好きなバイクに乗って絶景三昧、究極ですねぇ~♪
by まつき (2018-06-03 13:38) 

k-sakamama

こんにちは。
お天気の良い日にバイクで走るのは気持ちいいでしょね。
若い頃、原付で海辺を走ったことがありますよ。(笑
それでも、原付でも気持ちよかったです。^^
青い空と緑の草原(牧場)に道、石段!の画像に惹かれます。^^
特に道は、好きで。。いろんなイマジネーションが生まれます。
by k-sakamama (2018-06-03 14:43) 

きみえキミエ

新緑とミヤマキリシマ、絶景です! マイナリストは歩く登る走る
体力ないと、この全コースはきついですね(笑)でも、天国に続く道?こんな感じご馳走です!鶴見岳のロープウェイがちょっと難所ですが一度は登ってみたいです。
by きみえキミエ (2018-06-03 17:27) 

miyomiyo

ミヤマキイリシマありがとうございます。
今回はめっちゃバイクの機動力が発揮されたみたいですね。
目を閉じるとツツジに覆われてる気さえしてきます。
ちょっとマルハナバチの羽音が気になるくらいです。
間違ってはたいちゃいそーになります。

by miyomiyo (2018-06-03 20:10) 

OJJ

鶴見岳のミヤマキリシマ圧巻ですね~緑のオッパイ山も素晴らしいです!天国に続く道は♪♬遥かに遠い~かな
by OJJ (2018-06-03 21:35) 

よっすぃ〜と

野生の花なんですか。
めっちゃ鮮やかですね~(^^
by よっすぃ〜と (2018-06-03 22:21) 

そら

ちびっ子バイクで由布岳の絶景ロードを
走れるなんて贅沢すぎますわ~
バイク乗りの憧れです!
by そら (2018-06-04 00:31) 

tarou

お早うございます、大船観音寺(原爆の火)に
コメントを有難うございました。
優しいお顔の観音様、電車に乗って出掛けるときに
いつも会えます。
階段を上って、観音様の足元まで来ると
忘れてはいけないものが、いくつも置かれて
いました。

先日、結婚式が有って軽井沢までドライブしましたが
赤城山の麓の景色に良く似てますね。
牧場が有ってレンゲツツジがたくさん咲いて
いました。
by tarou (2018-06-04 06:20) 

リュカ

見ていてほんとうに清々しい!
これぞ大自然って感じがして
わくわくしちゃいます^^
あー、旅したいぞぉぉぉ(笑)
by リュカ (2018-06-04 10:33) 

もちっこ

「まいどありがとう」(笑)
まんじゅう岩の名前の由来って2つに割ったように見えるからなんだ(今更?)
もうあそこに登るのに必死でちゃんと見てなかったよ~。
歩く演技ほど難しいものは無いと思いますw
女優になりきれないからジドリも苦手なんだと気づきました(;▽;)
初めての万年山と曽田池は絶景すぎてくらくらしたよ~♪
1人で行けと言われたら迷走する自信ある(笑)
毎度のことながらマジックアワーまで楽しんじゃったので、
Fairy houseに帰ったら灯りがついてたわ(笑)
梅雨入り前に心が満たされるツーリングが出来て良かった♪
連れて行ってくれてありがとー♪
by もちっこ (2018-06-04 11:06) 

みうさぎ

緑と青空と
素晴らしいでないかい~
自然てぇなんてぇ癒しの力半端なくあるねぇ
これは~良い~心落ち着いたわっ(^^)/

by みうさぎ (2018-06-04 13:56) 

まつみママ

今日は~
相変わらず 仲良しコンビで楽しまれましたね~♪
何時も乍ら盛沢山な行程で 走り廻り 
広大な大地と 紺碧の空の下 思い切り走行出来て良いですね
お二人お揃いの赤シャツに紺のペアールック とは 流石です
厳しい夏の暑さ来る前に 走る廻るには 丁度良い季節ですね
by まつみママ (2018-06-04 18:56) 

kohtyan

つつじが綺麗です、キリシマツツジですね。
花が小ぶりで密集しているので、素晴らしいです。
白と茶色の馬、珍しいですね。
by kohtyan (2018-06-04 23:27) 

MINERVA

今回も素敵なツーリングですね、どの場所も魅入ってしまうほど素敵なのですが、ミヤマキリシマが絨毯の如く咲く姿は絶景です。
これから梅雨と夏を迎える訳ですが、ツーリングには今の時期が一番良さそうですね。

by MINERVA (2018-06-05 15:53) 

美美

天に続く道、カッコイイ(●^o^●)
by 美美 (2018-06-05 22:09) 

響

◆さる1号さんへ
山の草原は花が無い時期でもお弁当を食べたくなる風景でした。
コンビニの弁当もいつもの3倍美味しいかも。


◆siroutoさんへ
ありがとうございます。
九州ってやっぱり最高です。


◆くまらさんへ
ツツジは後半の鶴見岳の方で満開だったので
良かったですよ。
紫陽花はどうかな~
雨が多いとバイク乗れないし(汗)


◆わたべさんへ
九州は阿蘇から離れていてもその恩恵を受ける地形が多いので
変化の富んでて楽しいです。
知らないところがあるとすると散策のし甲斐がありますね。


◆おやまのtanchanさんへ
妖怪とも言えますところを妖精と言ってくれてありがとう。
走行中の写真はずべて新しいカシオのカメラですよ。


◆hanamuraさんへ
サツキの妖精でしたか。
ミヤマキリシマの妖精の私たちと親戚ですね(笑)


◆ゆきちさんへ
登山じゃなくて登山したときの風景が見れるって最高です。
山に上がると空が近くて最高に気持ちが良いです。

by (2018-06-09 08:47) 

響

◆kazuminさんへ
ミヤマキリシマは文明を使って見に行きましたが
これからは久住連山を登山した人には更に綺麗なミヤマキリシマが
見れると思います。


◆an-kazuさんへ
現地に行くとカッコウなどの鳴き声も加わるので
セラピー効果は絶大です。


◆テリーさんへ
花を愛でるならおっさんより女性がいたほうがいいですもんね。
でも女子力はわたしの方が上なんです(笑)


◆旅爺さんさんへ
桃太郎と言えば岡山県ですもんね。
玖珠町は童話の里ってことで色んな物語のオブジェがありますが
一番有名な桃太郎のオブジェが一番大きいです。


◆raomelonさんへ
千メートルを越える山からの風景はやっぱり格別でした。
厳しい自然の中で咲くミヤマキリシマは可愛かったです。


◆kuwachanさんへ
由布岳は早朝から気合一発で登山しないと登れませんが
近い場所で山頂を望める場所で眺めて来ました。
山の風景ってステキ。


◆johncomebackさんへ
鶴見岳は由布院より別府のイメージです。
ロープウエイから見えてる海は別府湾です。

by (2018-06-09 08:47) 

響

◆green_blue_skyさんへ
九州はディープな場所へ入ると人工物が逆に恋しくなったりします。
暗い林道を延々はしって見つけた自販機が嬉しい。
と、言いつつわたしも普段は工場地帯にいるのでこんな山の風景が
恋しくなったりします。


◆tai-yamaさんへ
ツーリングじゃなかったらあの3kmは歩いてたかもしれません。
新穂高でしょう?
毎年避暑ツーリングで長野に行ってるときにルートに入れてるのだけど
立山に上がったりとなかなか乗るチャンスが無いです。


◆yakkoさんへ
ミヤマキリシマは年によって良い年とダメな年がありますが
今年は良い年に当たったようです。
ツヤツヤの毛並みの馬はとっても可愛かったです。


◆ニッキーさんへ
九州は絶景が意外と身近にあるので大好きです。
南部の山の中は流石に秘境過ぎてなかなかい行けませんが
観光地周辺の山は気軽に行けます。


◆kikiさんへ
由布岳はわたしも登りましたが視界が開けた登山道なので
意外と楽だったのを覚えています。
西岳の東岳の2つの山頂があって鎖場もあったって言うと思い出しました?


◆きんさんへ
まんじゅう石・・・
また変な風なこと想像してるでしょ?
不純な理由でもあまり歩かないでいけるのでお勧め。

by (2018-06-09 08:48) 

響

◆yoko-minatoさんへ
車でも行ける場所ばかりですが
バイクは細い道など気にせず行けるメリットがあります。
後は寒かったり暑かったり虫がいっぱり当たったりと
苦行も多いです(笑)


◆チャーさんへ
登山しないと見れないミヤマキリシマをなんとか楽して見れる場所を
探して来ました。
野性の花なので時期が難しいですが満開が見れて良かったです。


◆センニンさんへ
山が無い・・・(笑)
九州は山が多いけど本州の様に2千メートルのところに道が
あるとか絶対に無いので羨ましいです。


◆FFさんへ
伐採山は公園の気分で行くけど万年山は登山客が多いみたいです。
山頂の手前の草原で今回はカンベンしてあげました。
曽田池は何度か行ったけど草を刈ってくれてる今がお勧めです。
じゃないと以外とボウボウになります。


◆まつきさんへ
バイクとロープウェイと足で満喫して参りました。
足の馬力さえもっとあればさらに先まで行けたかも。


◆k-sakamamaさんへ
原付でも風を感じれて気持ち良いですよね。
今回の私たちも原付ですし。
わたしもブログのタイトルにしてるほど「道」っていろんなところに
繋がってるので大好きなワードです。

by (2018-06-09 08:48) 

響

◆きみえキミエさんへ
歩く登るはだいたい想定外です(笑)
万年山は草原までバイクで行けると思ってたもん。
鶴見岳も山頂まで行こうとするとすこし頑張らないといけませんが
たぶん満開のミヤマキリシマを見たらみんな上まで上がると思います。


◆miyomiyoさんへ
ミヤマキリシマの本当の綺麗な場所は久住連山の山です。
当然登山しないといけません。
いつかチャレンジしてみて。


◆OJJさんへ
緑のおっぱい山は登った事がありますが
いつか登ってみようと考えています。
スポーツ用品店に行くと登山靴が気になります。


◆よっすぃ~とさんへ
ミヤマキリシマは標高の高いところに生える
野性のツツジですよ。
淡いピンクが可愛いのです。


◆そらささんへ
高速を使わないルートだと大型バイクも原付も
所要時間はあまり変わらないのでちびっ子バイク大活躍です。
燃費はKSRで38km/Lくらいなので経済的。
グロムだと45km.Lくらい行きそう。


◆tarouさんへ
本州はレンゲツツジが多いですね。
九州も生えてますが群生してる場所は少ないです。

by (2018-06-09 08:48) 

響

◆リュカさんへ
マイナースポットも楽しいけど自然の中に身を置くのが
一番セラピー効果がありますね。
ストレス解消に最高です。


◆もちっこさんへ
まんじゅう岩ってマカロンっぽいよね。
登れずアタフタしてる写真撮りたかったわ。
あれを本当に「あたふた」って言うんだなって思ったもん。
普段あまり行かない場所へ行くと景色も新鮮だしワクワクするね。
個人的にはもちっこさんの迷走に付いて行ってどの民家の庭に入るのか
楽しみでたまらん。


◆みうさぎさんへ
初夏の日差しの中を春の涼しい空気の中を走れた
良い日でした。
もう蒸し蒸しして同じ風景は見れないかも。


◆まつみママさんへ
ほんと今年はほぼ100%?って思うほど
もちっこさんが一緒に走ってくれています。
私が行きたい場所を一人で行くようなツーリングスタイルに
ピッタリ好みが合うらしい。
おかげさまでランチも寂しくなくて助かってます。


◆kohtyanさんへ
キリシマツツジの原種のミヤマの品種です。
ほんと小降りで密集して咲く様子は可愛いです。

by (2018-06-09 08:49) 

響

◆MINERVAさんへ
梅雨に入ると雨はもちろん走りませんが晴れると蒸し蒸しした空気なので
快適とはいえません。
やっぱりツーリングは5月が最高です。


◆美美さんへ
草原に伸びる道良いでしょう?
普通ならまだ先まで歩かないといけないと汗が出るのですが
ここは疲れを感じない絶景でした。

by (2018-06-09 08:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。